手術など治療について

当院で行っている主な治療

方針イメージ

白内障手術(日帰り可)
緑内障手術(入院)
硝子体手術(入院 糖尿病網膜症、黄斑円孔などの網膜疾患)
翼状片手術(日帰り可)
硝子体注射(日帰り 黄斑浮腫、加齢黄斑変性など)
レーザー治療(日帰り 糖尿病網膜症、緑内障、網膜裂孔など)

手術日
月・水・金曜日の午後(院長:水・金曜、 副院長:月・水曜)
レーザー治療は随時、硝子体注射は月曜~金曜


●白内障手術では術後数日間は毎日の診察が必須です。この間に細菌感染がおこった場合には、眼にとって致命的な障害を起こす恐れがあるためです。その間通院できる方については日帰り可能です。

白内障術後診察の大まかなスケジュール:


●翼状片手術、硝子体注射では翌日の診察が必要です。遠方など頻繁な通院が困難な方の場合は入院での治療も対応しています。
●硝子体手術、緑内障手術については、診察や処置が術後頻繁に必要になることがあることと、術後体の向きを制限する場合があるため、今のところ入院のみの対応です。

白内障手術で必要になる大まかな費用

   自己負担率
 1割 3割 
 日帰り  18000 50000 
 3日入院  26000 65000 
 8日入院  32000 78000 
 15日入院  60000 100000